株式会社 信州光電 回路設計 プリント基板パターン設計 チップ実装・組立・配線 筺体組立配線 各種検査 株式会社信州光電にお任せ下さい!

沿革沿革HISTORY

昭和52年8月 箕輪町中箕輪12198に電子機器設計製造を目的とした信州光電を設立。
昭和53年8月 有限会社 信州光電 資本金を100万円とし、会社組織とする。
昭和59年8月 増資。資本金1,000万円とし、箕輪町中箕輪14226-52に新工場建設
平成元年8月 増築。工場南側に増築し、工場面積を2倍に拡張。
平成8年10月 増築。工場西側に土地取得増築し、制御盤等の組立工場とする。
平成8年10月以降 チップマウンター実装ライン、インサーター装置等を順次導入・稼働する。
平成12年7月 ISO9001取得。
平成13年以降 チップマウンター実装ラインを増設し、2ライン体制とする。
平成16年9月 鉛フリーリフロー炉、噴流槽を導入し鉛フリー化に対応。
平成18年2月 基板パターン設計部門新設。パターン設計ツール導入。
平成18年3月 自動外観検査装置(SAKI)導入。
平成25年11月 X線検査装置(島津製作所)導入。
平成29年4月 創業者 小林一雄より事業を引き継ぎ、唐澤和夫が代表取締役に就任。
平成30年7月 自動外観検査装置(YAMAHA)導入。
平成30年12月 チップマウンターRS1(JUKI)導入

登録範囲
1.生産設備制御装置・ユニットの設計・開発及び製造
2.プリント基板のアッセンブリ